日常生活を営んでいると不断水とはあまり聞きなれない言葉ですが、不断水の意味は「断水を行わない」という意味そのままで、不断水工法とは断水を行わずに工事を行う方法のことを言います。

以前の断水工事では水を止めて排水してから工事を行っていたため、断水時に水が汚れてしまうことが原因となっている現状がありました。この不断水工法は現代の通常の工事の中で行われる手法であり、水道を止めることなく配管の増設・撤去などを施せて、断水を伴わずに古い水道管の交換作業が計画的な作業を無理なく行えます。

私たちが住んでいる住宅では、水道の蛇口をひねれば24時間365日水が出てくるのが当たり前ですが、それは不断水工法を行っていることが大きな影響を与えていることになります。不断水工法を行うメリットは様々ありますが、まず第一にあげられることは手間が省けることです。断水させて配管工事を行った場合、工事後に水道管の清掃をしなければいけませんし、周辺住宅への告知をしたり給水車の手配をしたりする必要がありますが、それらの面倒を無くすことが可能となります。

メリットの多い不断水工法ですが、もちろん工事中も異物が混入する可能性があるため、作業の工程や工具の十分な点検・確認をした上で作業を行うことや高い技術を持った作業員によって行う必要があります。私たちの日常生活においてこの工法は必要不可欠であり、快適な生活を後押ししてくれる方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *