不断水工法というのは、名前が示す通り、水の通り道を遮断した上で工事をするという方法を取らない工法のことを指します。

特に、この工法を採用することで、水道の水を流している状態でも工事を同時進行させることができるという利点があります。元々は、この種の工事方法は上水道の配管工事をする時に水を流したままでも工事ができるようにと生み出されたものです。元々は、工事中に迷惑がかからない方法のために作り出された方法です。

不断水工法を採用することで、得られる最大のメリットは周辺の住宅に迷惑をかけることがないということです。例えば、従来の断水工法では工事中には水道の使用ができないということになっています。しかし、不断水工事を活用することで、水を使う料理をすることができるだけではなく、洗面所やお風呂も使用することができるので、面倒な事態にはならないと言えるでしょう。主に2種類の工法が不断水工法には存在し、凍結する場合と穴を開ける場合が存在しています。

凍結する方法では、工事作業を行う範囲の配管の両端を液体窒素を使用することで凍結させるという工法を取ります。穴を開ける場合では、途中の箇所に専用の器具を使用しながら穴を開けて、そこから器具を通して修理をしていくというものです。どちらの方法も作業中は気にせず水を使用することができるという点で、近年多くの修理サービス内でそのような方法を採用するような場合が増加していると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *