これから水道管の更新工事を発注したいと考えている施工主の方は、ぜひ不断水工法の採用を検討することをお勧めいたします。

老朽化した水道管は放置しておくとヒビ割れからの漏水や、破断による水道水の噴出と周辺への浸水を引き起こす可能性も高くなります。また自身などの自然災害が発生した場合も、規模の大きさよりも被害程度が大きくなるケースも少なくありません。最も重要な基本インフラであるだけに、水道管は徹底した管理体制が求められる重要性を有していると言えるでしょう。

断水が発生した場合には、地域住民への具体的な補償が必要となりますので、工事そのものに関わるコスト以外の部分も、費用の増大化を招きます。工事期間も長期化する傾向にありますので、断水が与える影響はさまざまな分野にまで及んでしまいますので、特に医療機関や公共施設等では断水そのものが認められないというケースも多くあります。そこで重要なのが水道工事事業者が有している不断水工法の技術となります。

水道水の供給を停止させることなく水道管工事を進行させ、日常生活に支障を与えないまま完了することができる不断水工法の技術は、現代社会においても極めて重要な位置づけとなっていますので、具体的にその情報をチェックしておくことは工事発注側に求められる責任であるとも言えるでしょう。豊富な情報の中から不断水工法を比較検討できる専門のウェブサイトを閲覧し、それぞれの不断水工法における特徴やコストなど、事業者の情報も合わせて確認しておくことをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *