住宅を新築する際、欠かせないのが電気・ガス・水道といったライフラインの敷設工事です。

水道の場合、過去に家が建っていた土地に改めて建て直す時は元からあった配管を使えることがありますが、新規に造成された分譲地などであれば地域で供用している水道管から分岐させ、敷地内まで管を引き込む工事が必要となります。この時、以前ならいったん水の流れを止めて新しい配管を接続し、作業が終わった後に再び通水するという手順を経るのが一般的でした。しかし近年では、不断水工法と呼ばれる工事手法を用いることで、通水状態のまま作業が進められるようになっています。

従来の工法であれば、仮に通水状態のまま水道管に孔を開けたり切断したりするとそこから水が漏れ出し、近隣の住宅への給水状況が悪くなったり、作業現場が汚れてしまうおそれがありました。そのため工事を行う際はいったん断水を行う必要があったのですが、そうなると近隣では限られた時間とはいえまったく水が使えなくなったしまうため、やはり生活に不便が生じることとなりました。

また、施工事業者側も、事前のあいさつ回りや給水車の手配といった周辺作業を行わなくてはなりませんでした。これに対して、不断水工法では断水を行わずに作業が進められるため、こうした手間をかけずに済みます。なるべく水を使わない時間帯を選んで工事を行うといった配慮も必要なくなるので、産業の能率も向上します。その結果、不断水工法を採用することでコストの節減も図ることができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *