現在お住まいの自宅で水道管の工事を行うとなった場合、施工期間中は全ての水道を止める必要があるとお考えの方はいませんか。

確かに一昔前であればそのような必要がありました。例えば風呂場の配管を修理するだけなのにキッチンやトイレなど修理箇所以外の水道も止めなければいけませんでした。しかし、現在では不断水工法という工事方法でいつもと何ら変わらない生活を送りながら水道管の工事を行う事が可能です。

不断水工法はアパートやマンションなどの集合住宅での配管修理にも大変重宝されています。以前であれば一軒の配管修理を行うだけなのに集合住宅全体の水道を止めなければならず、施工業者は施工時間帯の調整などを全世帯と交渉する必要がありました。この工法を利用すれば、そのような調整も必要なく施工業者の負担を大幅に軽減出来るメリットがあります。不断水工法は、水道を断水する事なく工事を行えるものです。

元々ある配管に割T字管と仕切り弁を取り付けて仕切り弁を開いた後に穿孔機を取り付けます。その後穿孔機のドリルで配管に穴をあけます。穴から溢れ出た水は仕切り弁を閉じる事で止まり、分岐側の配管を設置して仕切り弁を開ける事で工事を行う配管は止水しながら他の配管への通水が可能です。従来の水道工事のような施工後に赤錆が混じった水がしばらく出る心配もなく、不断水工法は私達にとって大切なライフラインを維持したまま修理が行えるものだと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *