日本の水道工事事情は、諸外国と比較すると断水による影響が大きいものであることがわかります。

海外では比較的広大な土地を有し、都市密度も低い地域では断水の影響が最小限に留められる地域が多いことや、水道水に関する生活への密着度が高くはないという国や地域もみられることで、不断水工法の利用率は日本ほどは高くありません。その一方で日本では都市部を中心にして過密化が進行しており、日常的な生活に水道水も密接に関わっている状況も多くありますので、断水を発生させることが大きな問題に直結するケースが多くあります。

そのため多くの不断水工法が開発され、断水のない快適な水道工事を推進できる環境が整っていることが特徴です。不断水工法には、それぞれの水道工事事業者が開発している作業方法があり、コストや施工場所の広さ、工事内容などによって使い分けることができます。最も適した不断水工法を選択することで、工期や工費を最適化することも可能ですから、工事監理者側にとっては入念な工事事業者の選定が必須となります。

凍結工法や、分岐バイパス工法など、水道利用者のおおよその人数や施工場所の水道管直径なども工法の選択に重要な情報となりますので、事前に見積もりを行ってもらうこと心がけましょう。比較検討に関しては、不断水工法に特化した専門サイトを閲覧することがベストです。豊富な情報を集積しており、必要な情報を見やすく整理されていますので、工事を行う前にチェックすることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *