現在は社会構造基盤の複雑化に伴って、水道工事に求められるクォリティも上昇しています。

水道水が一時的に使用不可能となる断水は、工事に伴い発生することがあるというかつての常識はもはや過去のものとなり、日常生活に何ら不便を生じさせない「不断水工法」の採用が一般化しています。これは水道工事事業者が技術開発を推進し、水道利用者の利便性を損なわないような配慮を重ねて技術の積み上げを行ってきた努力によるものです。

この技術革新によって、多くの水道工事現場では不断水工法が採用されるにいたり、断水の不便が格段に減少してきていることは極めて注目されるべきポイントと言えるでしょう。日本国内では、縦横無尽に張り巡らされている水道管が基礎的なインフラを構築しており、その多くが老朽化による更新時期を迎えている現状から、ますます不断水工法の重要性が高まっています。

発注を行う施工主側でも、不断水工法を実施している事業者を入念に見極めていくという作業は必須項目となっています。コスト管理の観点からも、工事期間の観点からも、総合的に判断していくことが重要です。施工箇所に最も適合した不断水工法は、それぞれの水道工事事業者の技術を比較検討して、適したタイプを採用することが求められます。情報収集に当たっては、専門の情報を集積したウェブサイトの閲覧が最も有効です。まずは工事の発注前にしっかりと各社の施工方法を確認する観点からも、チェックを行ってください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *