大規模な水道管工事を実施する場合には、施工する場合のリスクやトラブルシューティングを綿密に行わなければなりません。

その結果、断水を発生させることがやむを得ない特殊な事例を除き、ほとんどの施工現場においては日常生活に支障を発生させない不断水工法を採用することが一般的になっております。断水が引き起こす大きな問題は、水の供給が遮断されることによる生活不便、学校や病院などの公共福祉施設等への支障、操業中の工場や営業店舗等への休業補償など多岐にわたります。工事費用そのものだけでなく、それらの対処に関係するコストが上乗せされることに加え、クレームへの対処や事前告知活動なども行わなければならず、施工側の負担感も増大していまいます。

それらの諸問題を解決する手段が不断水工法の採用となり、日常生活を支障なく過ごせる状態を継続したまま工事が完了できるというメリットは、極めて大きなポイントです。不断水工法は高度成長期を経て現在に至るまで、社会構造の変化に合わせる形で進化してきておりますので、より低コストで確実な施工も可能になっていることが特徴です。

水道工事事業者の技術開発や積極的な改良などで、現在の不断水工法の施工レベルは極めて高く安心感のあるものとして認知されています。どのような施工場所に適しているかなど、工事事業者によって得意分野も別れておりますので、情報を収集して比較検討を行うことも必要です。情報サイトへのアクセスで、最も適した不断水工法を実施する事業者を見つけてみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *