不断水工法とは文字通り、通水をしたまま水道管を分岐させるなどの工事をおこなうことをいいます。

どうして通水したまま工事が可能になったのかというと、特別な部品を補助的に使ったり一定の場所の水だけを冷凍させる技術が進んだからにほかなりません。このような不断水工法が確立される以前には、水道管の分岐工事などをおこなうたびに周辺に断水のお知らせをしなければなりませんでした。そのうえ工事が終わってもそれまで水が通っていた管の中に空気が入るため赤錆が生じ、そのまま水を流すことが出来ずに清掃をおこなう必要もあったのです。

ところが不断水工法がおこなわれるようになってからは、周辺住民などへの断水のお知らせも必要となくなりました。また管に空気が入り込むことがないために、工事後に赤錆の清掃をすることも必要がありません。そのおかげで人件費の大幅な削減が出来るとようになったと同時に、工事期間も著しく短縮されることになりました。

現在ではもともと上水道のために開発されたこの不断水工法が、下水道工事にも多く使われるようになって多くの周辺住民が不便を被ることもさらに減っています。大都市では特にごく一部の水道管の工事であったとしても、現代では断水を周知させることは非常に難しくなっていると考えられます。だからこそ不断水工法を企業が研究開発したこの事実は、住民にも企業にも優しく多くの方が恩恵を受けているのだと考えられるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *