不断水工法とはその名の通り水道管のバルブがある部分やない部分を、断水させずに工事して必要な分岐を増やすことを指しています。

従来の水道管工事では必ず工事のある日時を関係する周辺の住民に周知させ、工事期間内の断水を住民に我慢してもらわなければなりませんでした。ところがその方法だと人口が集中している場所だったり、何らかの断水に向かない大きな設備などがあるところでは工事自体が難しくて出来ないことも考えられたのです。そこで企業の研究と努力によって作り出されたのが、水道管に通水したままバルブのある場所に特殊な装置を使って穴を開けて分岐させる不断水工法だったのです。

また万一バルブの近くではないところに分岐を作る場合には、水道管を一時的に凍らせて漏水が起こらないようにしてから工事をする方法も開発されています。これらの不断水工法が水道管工事に使えるようになってからは、断水を周辺住民に知らせる必要がなくなって手間の掛かる仕事が1つ減りました。しかも通水を止めてからの工事である場合には、工事が終わった後に長時間空気に触れて赤錆の浮いてしまった水道管の清掃にも時間がかかったのですがそれもなくなりました。

このように不断水工法は周辺住民にも企業にも不自由や手間がかからない、画期的な工事の方法だと考えられます。さらに人件費の削減や工期の短縮などの観点からも、経済的で優しいエコな水道管工事であるともいわれているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *