現在の水道管は高度成長期時代に設置されたものが多く、老朽化が進んでいることから水道管の交換工事が必要です。

従来の水道管工事では工事の時間中断水して交換してきましたが、断水のお知らせの啓蒙や付近住民からのクレームなどに対応するため、近年では不断水工法の工事手段が取られています。不断水工法とは水道管などの工事を行う時に、断水をせずに工事を行う工法で、断水しないため地域の住民に不便を強いることなく工事が行え、工事関係者にとっては時間外の啓蒙の必要がなく、住民にとっては生活を乱されないので双方にメリットがある工法です。

病院やレストランなど水道をとめられたら困る施設が近くにある場所や、逆に水道管が近くに無い工事現場に水道管を増やしたり新設する際に特に向いています。不断水工法の唯一の欠点は工事中に水道管に異物が混入した場合、そのまま住民の水道の蛇口まで届いてしまうことです。これはT字管や仕切弁などの工夫でクリアされ、現在の不断水工法はとても安全性の高い工事方法となりました。

水道工事におけるT字管や仕切弁の発達と分岐工法は、今では他の配管工事にも応用されています。不断水工法は現在のところ会社内で講習を受けた技術士なら自由に行って良く、特別な資格が必要な工事ではありません。しかし部材の取り扱いや独特の作業手順があるため、国家資格の技術士上下水道部門の資格試験の際に出題されているほど重要な工程です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *