一般の方は水道管の工事をするときには、いまだに断水をしなければならないと考えている方も多いのではないでしょうか。

確かに以前は水道管工事をするので断水しますという内容のお知らせが回覧板などで回ってきて、慌てて鍋ややかんに水を汲んだという思い出を持っている方も少なくはありません。ところが最近はそのようなことに出会ったことがあるかと尋ねられて思い起こしても、そういわれてみればここしばらくは経験がないことに気づくはずなのです。実はそれこそ不断水工法で水道管の分岐工事などをおこなっている証拠であり、不断水工法であれば断水無しの便利な工事が出来るというわけなのです。

さて不断水工法には大きく分けると2つのやり方があって、バルブの近くを分岐する場合には特殊な装置を使って水道管に穴を開けます。またバルブの近くではない場合には、一定の場所だけを凍らせて穴を開けて分岐させるのです。これらの方法を使えば通水したまま水道工事が出来るので、断水のお知らせをおこなう必要がありません。

そのうえ断水によって使用していた水道管に空気が触れることもないため、赤錆が発生することなく清掃する必要も生じません。つまり不断水工法で水道管の工事をするようになってからは、人件費を削減したり工期の短縮をしたりするので非常に便利になったのです。このように人間の知恵から生まれた不断水工法は、現在では下水道の工事にも使うようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *