不断水工法は水道工事で断水を発生しない工事方法として非常に多く利用されている方法です。

工事を行いながら水道を供給することができるため、これまで断水を伴い様々な利便性を損ねてきた水道工事を大きく変えるものとして注目されており、現在では水道工事のほとんどは不断水工法を利用して行われています。水道は一般的な生活インフラに必要なものと言う面だけではなく、医療施設や工場など様々な場所で日常的に利用されており、その業務を行うために必要不可欠なものとなっていることから、断水をしない不断水工法は必要不可欠なものとなっているのです。

しかし不断水工法には便利な面ばかりでなく、様々なリスクが伴うことも忘れてはなりません。その1つが利用者にとって工事を行っていると言うことがわからないため、その工事が適切に行われないと水質汚染や供給力の低下など様々な問題が発生する危険があるのです。特に業務や医療等で日常的に使用している場合には、水質が汚染されたり供給力が低下した場合などは業務や人命に大きな影響を及ぼします。

断水が発生する場合には事前に予告されるため様々な対処を行うことが可能ですが、不断水工法で不具合が発生し急遽このような問題が発生した場合には対象することができないことがほとんどとなるため、大きなリスクを伴うのです。このため確実に作業を行う事はもとより、工事を行うにあたり衛生管理と安全管理を徹底させることが重要となるため、この点がデメリットとなってしまう可能性が高くなっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *