不断水工法とは、上下水道の工事で流れている水を断水せずに工事を行う方法です。

工事を行う区間のバルブを閉じてその間の通水を止めて行う工法とは違い、不断水工法では通水を止めることはありません。水道管の分岐や新設をしたい場所に、割T字管と呼ばれる形状の管をあて、そこに穴を開ける穿孔機を取り付けます。仕切弁を取り付け、水が流れないようにした後、穿孔機で穴を開け、分岐管に水が流れるようにします。仕切弁を開けて工事が完了します。

このようにして、既設管の断水をすることなく水道管の分岐が可能になります。不断水工法が開発される前の水道工事では、工事を行う区間の通水を遮断して施工しなければなりませんでした。水道の断水はその地域に大きな影響を及ぼすため、断水になる地域については断水の告知をしたり、断水が長期間におよぶ場合は給水車棟の手配が必要になったりしました。また大量の水を日常的に必要とする病院や工場がある場合には、工事の期間や時間帯も限られたものになり、夜間のみの工事を長期間にわたって続けなければならず、コストや人員配置などの問題も出てきていました。

不断水工法が利用されるようになってからは、断水による地域への影響はなくなり、告知や給水車の手配などの必要もなくなりました。時間帯を問わずに工事ができるため、工期も短縮されるためコストも低減できます。このように多くの利点のある工法ですので、現在では水道工事についての主流となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *