不断水工法はもともと上水道の工事のために考え出された工法ですが、現在では通水のまま工事がおこなえる便利さに注目されて下水道でもよく使われるようになっています。

そもそも不断水という名称からも分かると考えられますが、これは以前のように水道工事においていちいち断水をさせなくても分岐工事が可能な工法です。不断水工法は場所によって工事の方法が異なりますが、バルブのあるところで水道管などを分岐させる場合には特殊な装置を使っておこないます。またバルブが近くにない場所の場合でも水を一時的に凍結させることで、不断水工法での工事が可能となります。

この工法が使われるようになう以前は、水道工事のたびに断水をその地域一帯に周知させることがとても大変な作業でした。また一度断水させてしまうと水道管が空気に触れるために、赤錆がたくさん出てしまうためにそれを清掃するのも大仕事であったのです。けれども不断水工法で工事を進めると広い範囲への周知を徹底させる必要もなくなり、通水されている水道管に赤錆が浮くこともないので清掃も必要ではなくなりました。

このような工事の方法が取れるようになったため、人件費も大幅に削減することが可能であるとともに工期も短くて済むようになったのです。それによって今まで工事に掛かっていたたくさんの費用を減らすことが出来るようになって、経済的にも優れている水道管工事であると知られるようになったのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *