「不断水工法」と一口で言いてもその種類にはさまざまなものが存在します。

そんなさまざまな種類のものが存在する「不断水工法」の中でも特にメジャーな存在が「不断水分岐工法」です。一方で、本業界に携わっていない人はその名を耳にしたことすらないという方の方が多いことでしょう。そんな「不断水工法」の中でももっともメジャーな存在である「不断水分岐工法」は、その名の通りヤノT字管と専用穿孔機を駆使することで断水をすることなく季節の本管から穿孔し分岐する工法の名称です。

従来と違い断水して本管を切断しT字管を挿入し接合する手間が一切ないため、周囲の住人に対する断水の通知や完工後の洗浄排水などの断水工事に伴う弊害がなくなります。さらには、その工期の節減や短縮も行えるなど良いとこばかりの魅力的な工法と言えます。一方で、メリットが多いゆえに魅力的な工法であることは理解できたものの、実際にどのようにしたらそんな夢のような工法を実現できるのかぴんと来ていない方も多いかもしれません。

その具体的な工法手順を簡単に説明すると、まず最初に本管にヤノT字管を取り付けます。この際には、仕切弁と穿孔機を取り付けて弁を開くことでその操作を行うことになります。そして次にその取り付けた穿孔機を駆使することで本管に穿孔をし、その後で行うのは穿孔機の主軸を基に戻し弁を閉じるという作業です。最後に、取り付けた穿孔機を取り外し分岐配管を行って通水を行えば完了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *