蛇口を捻った時に水が流れて来ない場合、どこかで水道工事でもやっているのだろうと思い、ポストに入っていたチラシを探してみると工事が行われる通知が入っていたことに気が付く人も多いと言えます。

特に、一人暮らしをしている場合など、ポストに入るチラシはどれも興味がないので、中身を確認することなくゴミ箱に捨ててしまうケースは多いようで、工事予告などのチラシも目を通していないケースがあるわけです。不断水工法は、こうした人にも安心な水道設備の工事手法で、通水状態のままで工事ができるため、利用者には何も不便さを与えない、事前に水を汲み置きする必要もないなどのメリットを持ちます。

不断水工法は穿孔と呼ぶ穴を開けることで通水状態の中で設備交換や新規取り付けが可能になる手法です。穴を開けるとそこから水が吹き出て来ますが、これを防止するのが作業弁や通水弁と呼ぶバルブです。バルブは水が穴を開けた部分から漏れないようにするためのもの、本流となる部分はいつも通り通水が行われているので、供給が止まることはありません。

一見原理が簡単に思える不断水工法も、それぞれの設備が開発されたことで実現したもの、決して容易な工事ではないのです。現在では様々な企業が不断水工法に使うことができる設備機器の開発を行っているため競合する会社も増えています。従来であれば限られた会社しか設備の開発が行われていなかったため、設備機器のコストも高く手がでないと考える工事業者も多かったわけです。しかし、競合する企業が増えることでコストも下がる、不断水工法で工事ができる会社も多くなっているわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *