蛇口を捻ればいつでも水が使える便利な時代ですが、もし蛇口から水が流れて来ないと生活は大きな支障をきたすことになります。

住宅内の中でもトイレは通水がストップしてしまうと使えなくなる、特にタンクレスタイプは水道管に直結しているので通水がなくなれば利用ができなくなります。不断水工法は通水状態で工事を行うことができる手法の総称ですが、何故通水状態で水道工事ができるのか不思議に感じている人も多いのではないでしょうか。また、近くで水道工事が行われているのにも関わらず自宅は水が流れて来るのは何故なのか疑問に感じた経験を持つ人も多いと言えましょう。

不断水工法は既存の配管にバルブと穴を開けるための装置を取り付けます。穴を開ける装置のことを穿孔機と呼び、これらの機材を使うことで通水状態の中で水道管を新しいものに交換したり、設備を新規に導入できるようになります。不断水工法には色々なやり方があり、その名称も様々です。手法および名称に種類がある理由は、不断水工法に利用する設備機器を開発している企業が多数あり、それぞれの企業が独自の手法および製品名を付けているためです。

この方法が誕生した当初は一部の企業が独占的に製品開発および販売を行っていましたが、断水工事で生じる様々なデメリットを解決する手法として数多くの企業が製品化を実現しています。これにより工事設備の導入コストも下がっているなど、小さな工事業者でも利用ができるようになっている、水道工事は不断水工法が当たり前のようになっているのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *