通常水道設備の工事を行う時、配管内部は高圧の状態であり、この圧力をゼロにする目的で断水が必要です。

断水が生じることで水を使えなくしてしまうなどのデメリットがあるわけです。これを解決するのが不断水工法であり、水道設備を利用しながら設備工事ができる画期的な手法と言えましょう。不断水工法にはいくつかのやり方があり、利用する設備機器の名称も様々です。これは不断水工法に利用する設備機器を開発する会社が増えているためであり、呼び名などが異なるわけです。

但し、基本的な原理は同じで、どのようにして断水せずに工事ができるのか気になる人も多いのではないでしょうか。大中口径の水道設備を不断水工法で行う時の原理は、最初に本管部分に割T字菅と呼ぶ設備を取り付け、しっかりと固定しておきます。次に、仕切弁および穿孔機を取り付け、仕切弁を開閉した状態で穿孔機のカッターを前進させて行きます。カッターは本管に穴を開けるための道具で、穴を開けることを穿孔と言います。

カッターで貫通させた後は、穿孔機のドリル刃を元の位置に戻して仕切弁を閉じます。穿孔機を取り外してから分岐菅のパイプを接続、弁を開いて新しい菅に通水を始めます。このように、断水せずに新しい配管を取り付けることができるので、水を使う側は工事が行われていることが分からない、不便さを与えないメリットがあるわけです。ちなみに、既設菅内は有圧であり、この圧力により切り片や切り屑など、ドリルを工夫してあげることで外側に排出されるため、内部洗浄が不要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *