水道工事は不断水工法と呼ぶ断水が生じない手法で工事が進められているケースが増えていると言います。

従来の断水工事の場合は前以て通水先への通達が必要、配管を交換した時には内部の洗浄が必要など、コストが多く掛かるものでした。不断水工法が登場したことで、工事手順の一部が亡くなるなどのメリットがあるわけですが、水道を使う側にとっても不断水工法は生活への変化が生じない手法と言っても過言ではありません。所で、水道の蛇口を捻ればいつでも水を使える便利な時代ですが、もし断水工事が行われて水が流れて来なくなると生活はどのような不便さが生じるのでしょうか。

事前に断水が起きることを知っている場合は、バケツに汲み置きをするなどの対応が取れますが、それでも数時間の断水状態が続けば不便なことが起きる可能性も高くなります。現代のトイレは水洗式、断水になると一番困るのはトイレではないでしょうか。さらに困ったことに最近は水道管と直結になっているタンクレスタイプもあり、水が流れて来なくなると便所にも行けない不便さが生じてしまいます。

但し、事前に準備をしておけばそれ程困ることがないので安心です。工事の通達は数日前に行われるのが一般的、前の日には浴槽の水をそのままにしておいて、便所を使った時の水に使うのがお勧めです。但し、浴槽の中の残り湯は髪の毛などが入っているので、タンク内に注ぐのではなく便器の上側から水圧を与えるように注ぎ入れるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *