水は生活だけでなく、様々な産業に欠かせない存在です。

蛇口を捻ればいつでも給水ができる便利さがありますが、水道設備は定期的な保守メンテナンスが欠かせません。保守メンテナンスを行う時には、通水をストップさせる断水が必要です。断水になれば蛇口から流れる水がなくなり、とても不便な状態になる、お店などでは一時的に閉店しなければならない、工場においても稼働を停止させる必要も出て来ます。様々な研究開発により不断水工法が誕生したわけですが、不断水工法の最大のメリットは水を使い続けることができる点です。

不断水状態で工事が可能な不断水工法には、工事完了後に必要と言われている管内清掃が要らないこと、工事を行うことへの告知が不要などのメリットがあります。さらに、断水状態が長引くと生活や業務への支障が起こるため、給水車の手配なども必要になります。告知や給水車の手配はいずれも費用が掛かることですし、管内の清掃作業も工事の時間をより多く必要とするなどのデメリットがあるわけです。不断水工法による工事は、これらの費用や時間を節約できるメリットも持っています。

昭和の時代に開発が進められた割りT字菅は、不断水工事の前身とも言える道具です。当初は限定された企業でしか開発ができなかったものが、時代の流れの中で色々な企業が開発を進めている、より多くの業者が利用できるようになっています。最近は、液体窒素を使った凍結工法なども登場しており、今後も色々な手法が登場するのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *