不断水工法と呼ぶ水道工事の手法があるのをご存知でしょうか。

不断水工法は文字通り断水状態にならない水道工事です。もし、明日の午前中に断水工事が行われる予告が入った時には、どのような対処を行うのが良いのか、何をすべきなのか迷う人は多いと言えましょう。断水になると困ること、それはトイレの利用ができなくなるデメリットを持つ点です。従来は汲み取り式のトイレが主流で、断水になったとしてもトイレを使うことはできました。

但し、洗濯や炊事などは蛇口からの水がストップしてしまうため、断水になる前にやるべきことを片付けておけば良かったのです。しかしながら、現代のトイレは水栓式ですし、水道の給水が停止してしまうと水を流した後にタンクに注がれなくなる、これにより次に使う時には水が流れて来ません。さらに、節水式の場合にはタンクがないので、断水と同時にトイレが利用できなくなるデメリットが発生します。不断水工法で工事が行われることは生活に変化が起こらないメリットがあるわけですが、この工法は水を使って仕事をしている人々への不便さを与えないメリットもあるのです。

例えば、飲食店は料理を作る時には食材を水洗いする、お客さんが食べた後のお皿を洗う、調理器具を洗うなどで水は必要不可欠です。汲み置きをしておいても水を使う量が多いわけですから汲み置きだけはお店を営業することができない、断水の間は閉店しなければならなくなります。その点、不断水工法は常に水を使えるわけですから通常通りの営業ができるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *