水道の蛇口を捻っても水が流れて来ない時にはどこかで水道工事でもやっているのだろうと、工事が終わるまで待機する人は多いのではないでしょうか。

水道工事が行われる時には事前に連絡が入りますのでそれなりの準備ができます。しかし、水道工事は急なことで行われることもあり、この場合には事前に準備することができませんので不便さを感じることになります。例えば、近隣エリアで水道管のトラブルが発生した時や天災などにより給排水設備が故障した時などは断水してしまうケースは少なくありません。但し、天災によるものは工事が原因ではないのでどうしようもないと言っても良いでしょう。

急な水道工事でも不断水工法で行われていればいつも通り水道を使うことができるのをご存知でしょうか。断水しなくても水道管を交換したり、新しい設備を導入できるのが不断水工法の特徴です。不断水工法は既設管に特殊な機材を用いて穴を開けて、新しい配管を接続するなどの手法で行われるものです。通水状態で工事が行われるので不断水工事や不断水工法と呼ばれています。

この手法が誕生したことで、生活の変化が起こらないメリットがあるわけです。さらに、水道管が原因で水漏れが起きた時の工事などでも断水することなく修理ができるため、短時間で工事を完了させなければならないなどの焦りもなく作業を進められるメリットがあるのではないでしょうか。工事のお知らせなども要りませんので工事のコストも抑えられるメリットを持つ工法と言えましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *