水道管は圧送管路と呼ぶもので、内部には高い水圧で水が供給され続けています。

水道管は複数の配管を接続して水道システムを作り出していますが、つなぎ目などからの水漏れが生じてしまうこともあれば、菅の老朽化に伴い亀裂が生じるなどで水道工事が必要になるケースも少なくありません。一般的には寿命を迎える前に断水工事で新しい水道管に交換を行いますが、最近は通水のまま工事ができる不断水工法も登場しており、断水とは異なり水を使う側にとっての不便さを与えない魅力を持ちます。

圧送管路をどのようにして不断水工事を進めるのか気になる人も多いのではないでしょうか。不断水工法と呼ぶものにはいくつかのやり方があり、いずれも通水のままで水道管を交換する、設備を導入するなどが可能です。分岐バルブや止水バルブを設置する特殊工法のことを不断水工法と呼び、主に送水管や排水管に分岐が必要になった時、下水管などの関係で既設水道管の布設替が必要になることも少なくありません。

これらの工事は従来であれば水流を止める断水が必要でした。断水が生じると供給先は実質水を使うことができなくなる、断水に伴う利用者や消火栓などへの影響を避けることができません。しかし、不断水工法が登場したことで、断水の影響を与えずに工事が施工できるようになったわけです。尚、不断水工法に利用する設備機材を開発する会社も増えており、競合する会社が増えることで機材類の価格も下がる、多くの業者が利用できるようになったと言います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *