水道管工事のために断水が生じると人々の暮らしに影響が出てしまいます。

こうした断水の影響を受けるのは家庭だけではなく、工場や病院や店舗にも影響がでてしまうため、断水せずに水道管分岐を行うことができる不断水工法は多くの移転があるのです。不断水工法には分岐工法と凍結工法という2種類の工法があり、分岐工法は水道管にT字管と仕切弁を設置し、仕切り弁が開いている時に穿孔機を取付けて工事を行ない、通水を確保することができます。

また、凍結工法では部分な断水は発生すると言われていますが、分岐工法と比較するとバルブを動かさずに工事が可能で、赤さびが発生しにくなるといったメリットがあります。いずれの方法も不断水工法で、そのメリットとは断水せずに水道管を工事することができるという点にあります。断水する場合には工事前後には通知を出す必要があります。そのため、工事業者側にとっても周辺住民にとってもよりスムーズに工事ができる方法が望まれてきました。

断水をせずに水道管分岐が可能な不断水工事は、T字管と専用穿孔機を活用してよりスムーズに作業可能です。この工法を用いると工事期間が大幅に短縮されるという利点や手順がとてもシンプルで、人件費削減にもつながるといったメリットなどもあり、工事業者にとっても周辺の住民などにとってもより利点が多い方法なのです。このように、人々の暮らしに影響ができるだけ少なくなるように開発された方法が不断水工法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *