これまで水道管を交換したり新しく分岐点をつくる工事を行うときには、工事を行う区間の水の流れを止めて工事を行わなければなりませんでした。

そのため断水になる地域には事前に告知をしたり、断水が長期にわたる場合は給水車の手配をしなければならないこともありました。病院や工場など多くの水を利用する施設が断水地域内にある場合には、工事の期間を簡単に決めることができなかったり、時間を限って工事を行う必要も出てきます。通水を止めると配管内の赤錆がはがれ出して水を汚染するため、管内の清掃も必要でした。

不断水による水道工事が開発されてからは、こうした手間はほとんど必要がなくなり、地域への影響も最小限に抑えることができるようになりました。既設の管から分岐させて新しい配管を行う場合には、分岐した箇所に割T字管と呼ばれる分岐用の配管と仕切弁を取り付けます。穿孔機で既設管に穴を開けた後、仕切弁を閉じて新しい配管を取り付けたら、仕切弁を開いて新しい管への通水を始めます。

これにより、配管の分岐工事が完了します。穿孔機で穴を開けるときに出た削りくずは、通水時に水の勢いで流されてしまうため、水質に影響を与えることはありません。不断水による工事は、工期も短くなり、その分の人件費などのコスト節減にもつながります。そのため、現在では上水道だけでなく、下水道の工事においてもほとんどの工事が不断水工法によって行われるようになりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *