最近のトイレはタンクがない節水型タイプが登場しており、水道代を気にすることがないなどのメリットを持ちます。

タンク方式のトイレの場合は、予め必要な水量を計算してタンク容量が決まっているため、無駄な水を使うわけではありません。しかし、使い終えた後にタンクレバーを回すと大量に水が流れて来る、この水量が無駄に感じる人が多いわけです。従来のトイレは水洗式ではなく汲み取り式でしたから水の無駄などを考えることがなかった、水道工事で断水してもトイレを使えるので特別困ることがなかったなどの経験をされている人も多いと言えましょう。

しかし、現代は水が流れて来なければタンクに溜めることができなくなるなど、断水は生活に大きな支障をきたすことになり、最近では不断水工事で水道設備の交換や設備の導入が行われています。不断水工事は断水をすることなく水道管の新しいものに変えることができる画期的な施工方法です。既設菅に穴を開ける器具を取り付け、バルブを閉めた状態で新しい水道管を設置するなどの特徴があるのが不断水工事です。

文字通り断水することなく工事が進めることができるので、トイレに行きたくなった時でも不便に感じることはありませんし、節水型タイプは水道管に直結されているため断水になると使えなくなるものの、不断水工事なら使えなくなるなどの不安を感じる必要もないわけです。尚、不断水工事は少しずつ主流になっているので現在断水で困った人などもやがて困ることがなくなるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *