不断水分岐工法は不断水工事の際に用いられる工法では主要な工法といえます。

では具体的にどのような方法で工事がなされるのでしょうか?そこで、不断水分岐工法の手順についてご紹介してみたいと思います。まず、不断水分岐工法では取付け作業が行われます。既設管にコスモバルブか割T字管と仕切弁を取付ける必要がありますので、仕切弁が開いていることを確認して穿孔機を取付けるための作業を行います。次に穿孔を行っていきます。この作業では穿孔機カッターを前進させていき、既設管に穴開けをします。

その後、仕切弁を閉じるために穿孔機カッターを元に戻して仕切弁を閉じるという作業を行います。そして、穿孔機を取外して分岐側配管の完了後に仕切り弁を開けて通水を行うといった流れになります。こうした作業を行うことで、断水をせずに水道管を工事できるといったメリットがあり、市民生活などに影響することなく水道管を工事することができるという大きなメリットなどが得られるのです。

また、断水させて工事するよりも期間的にも短くて済み、工事に関する手間などの少ないといったメリットがあるのも特徴です。不断水分岐工法では取り付けから始まり、穿孔といった流れで作業が進み、既設管を断水しないため、断水に伴う告知や配水車手配、工事完了後の管内清掃といった工事に伴う手間が必要ないといった利点などがあるのです。そのため、今日ではほとんどの工事が水を止めない状態でなされているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *