不断水工法は、水道管の工事をする際に水を止めず通水したまま施工できる方法です。

工場や飲食店に一般の家庭でも、水道が使えなくなるととても不便であることから考えだされました。水道管は同じような時期に広範囲埋設されているため、古くなってくると頻繁に同じ地域で工事が繰り返されます。そのたびに水道が止まっていたのでは地域の人たちは困ります。かつての工法では苦情が市役所や施工業者などにも届けられる事がありましたが、不断水工事であればそんな心配もいりません。

分岐工事のときも、一箇所のために広範囲の通水を止める必要がなくなったため、業者の負担も軽減しています。施工した後に管内の洗浄をする必要がなくなったため、工事の短期間化につながっています。地中埋設管はどうしても道路の掘削が必要になるため、工事中は車や歩行者の往来が制限されてしまいますが、その期間も短くて済むとてもメリットが高い施工方法です。

水道管だけでなく、防災のため道路に設置してある消火栓の交換が必要になったときも、不断水工法で行うことができます。水を止めずに作業するとき、分岐バルブや穿孔機などを駆使して行う方法と管内の水を凍結させる方法などいくつか種類があります。いずれの作業も手順になれておかないとスムーズな工事が行なえません。管工事を引き受ける会社は、定期的に講習会を受けて手順の再確認を行うところが多いです。講習会で反復練習することで、実際の工事でもスムーズな作業が行えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *