不断水は水道工事などの際に断水することなく工事を行なうことができるための工法で、断水区域を最小限に留めた上で短時間に配水管路移設や布設替等の水道工事を行なうことができます。

そうした工事は断水をせずに作業を行うことが可能であるため、市民や工場、病院などで家事や業務を変更したり中止したりする必要がなく、人々が断水の不便さなく過ごせるという点で大きなメリットがあります。こうした不断水工事の際には様々な器具などが用いられ、水を止めずに工事が行われているのです。例えば、管路断水器という道具も不断水工事を行なう際に用いられています。

管路断水器を用いると、水の流れを阻害せずに管路の任意の場所に設置でき、漏水事故対応の緊急性の高い工事などでも使用されています。また、この器具は上水道や工業用水道、農業用水道等の工事でも用いることができます。また、不断水工事には不断水分岐工法などもあります。この方法も断水することなくT字管と専用穿孔機を用いて既設本管から穿孔分岐をしながら工事を行なっていきます。

この工事の方法は断水通知や完工後の洗浄排水などの断水工事に伴う手間などを必要としないという点や、断水後に本管を切断したりT字管を挿入して接合する手間も必要なく、工事や工期節減・短縮につながるといったメリットがあって良く用いられています。断水を行わずに工事をできるという点で今日とてもよく用いられている工法になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *