「不断水工法」とは水を止めずに水道工事を行う工法です。

現在、多くの地方自治体が抱える厄介な問題が水道補修工事で、40年前に設置された水道管が劣化して補修が必要になっています。そしてその工法として注目されているのが不断水工法なのです。その理由は、水道管に水を通した状態で工事を進めることができるからです。断水して工事を施工する場合は、住民にとっては大きな不便を生じます。特に都市の地下や集合住宅、高層マンションでは生活に支障が多く、工事をすること自体に制限がある場合もあります。

個人宅のリフォームなどの場合でも、配管を新たに設置したり交換をする場合は水道管に影響が出ますので、その家だけでなく一定の区域を断水して行わないといけない場合もありました。ですが、この工法であれば、工事が必要な部分に特定の部品を取付けることで、工事中の住宅のみ水道が遮断され、近所は断水をせずに済みます。断水の告知や給水車の手配等も必要ありませんし、工事が完了した後の管内の清掃も不要になるメリットもあります。不断水工法は、まず既設の管にバルブ又は分岐形状の管と仕切弁を取り付けます。仕切弁を開けた状態で管に穴をあける穿孔機を設置し、穿孔機のカッターを前進させて既設管に穴をあけます。カッターを元に戻し仕切弁を閉じ、穿孔機を外せば既設管の工事は完了で、あとは仕切弁の操作だけで通水が可能になります。分岐側の配管が完了したら、それを既設管に接続、しっかりと接続されたことを確認後仕切弁を開けて通水し、工事は完了です。

水を止めないこの工法は、近隣住宅の日常生活や企業などへの影響がありません。工事を行いながら、生活インフラを保つことが出来る、この工法はまさに水道工事の救世主といえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *