不断水工法が確立されたおかげで、現在の各住宅への水道管施設工事においては断水されることがほとんどなくなり、生活に不便さを感じることが少なくなりました。

これは今では当たり前になったのですが、不断水工法が開発される以前は、水道管施設工事においては断水は当たり前でした。断水はあらたに水道管を通す住宅だけではなく周辺の住民の住宅にも行われるので、広範囲の住民に負担がのしかかりました。断水が1日で済めばいいですが、時には数日に渡って水が出ないというようなこともあり、そんな時は給水車が出動したりして、まるで災害時のような様相を呈していたのです。

しかし不断水工法では、既設の水道管の水を止めることなく穿孔して新たな水道管を接続することができるため、断水はまったく発生しません。工事後の配管内の清掃も不要なため、工事期間の短縮もでき業者側の負担も軽減されています。業者側の負担という事でいえば、その地域での生活者の方々に工事の告知をする必要もありませんから、かなり業務が楽になったといえるでしょう。

断水ではつきものだった工事後の赤水などが出る心配もなくなり、生活者としては本当に助かります。不断水工法のおかげで断水がなくなり大変便利になりましたが、断水があった頃の事を知っている人は少し寂しさを感じているかもしれません。思えば断水は、水の有り難みを痛感できる貴重な時間だったように感じられます。それでもやはり、不断水工法を確立してくれたエンジニアの方には本当に頭が下がります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *