地中埋設配管の交換や分岐といった水道工事の際には断水が必要となり、近隣の住宅・施設で生活する住民の間では大きな問題となっていました。

作業員にとってもデメリットは大きく、断水を行う日時に影響を及ぼす住宅・施設全てに事前告知をする必要があり、手間がかかり作業を円滑に進めることが難しかったのです。そこで開発されたのが不断水工法で、これによって水を止めないで工事を進めることが可能になりました。一度断水してしまうと、再び通水した際に水中に気泡が侵入してしまうことによって蛇口を捻った時に勢いよく水が飛び散ってしまうケースや音がすることがありました。

さらに、配管内が錆びていた場合には茶色い水が出てくることもあり、作業員にとっては対応に追われることも珍しくありませんでした。しかし、不断水工法であれば通水したままで施行するので、それらの問題をクリアしてスムーズに作業を進めることができるのです。つまり、工事エリアの住宅・施設で生活する住民・作業員共に大きなメリットが得られるというわけです。

1959以降には不断水工法が普及し、それ以降は断水しなければならない特殊なケースを除けばほとんどが断水しないで水道工事が行われるようになりました。不断水工法の場合は作業後の管内の洗浄や掃除の必要がありませんし、工事の最中でも水が使えるので作業後に水を流した際のトラブルが起きる心配もありません。このように作業者も地域で生活する住民もメリットが得られる不断水工法は、これから更なる注目を集めることが予想されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *