現在の日本国内では、水道水は使えて「当たり前」と思えるほどその供給水準は高く、信頼のできるものになっています。

しかし過去の水道事情においては、現在のよう水道水の供給水準になく、水道本管工事の際にいは「断水」が起きるケースも珍しくないようです。現在の住宅生活で水道水の通水が維持できない状況は想像ついきませんが、当時はいたしかたない部分もありました。ここでは現在の水道事情の根幹となる不断水工法について説明します。不断水工法とは、不断水工事おいて採用される工法であり、主な内容として「凍結工法」と「不断水分岐工法」があります。

凍結工法では、メインの既設水道菅に新たに枝管を増設する際に、その取り合い部を凍結して止水し接続する工法です。配管の交換・増設が可能となっています。不断水分岐工法では、既設の水道本管に割T字菅と呼ばれる部材を取り付け、その部材の中で既設配管に穴をあけて断水することなく枝管に通水を行う工法です。

いずれの不断水工法においても、過去の断水工法に比べて工事工期が短縮・工事費が安くおさめられるといったメリットのほか、工事の影響下にある住宅への周知や給水車の手配が不要になるといった効果があります。特に都心部の住宅が密集するような場所においては、効果を発揮する工法です。現代の住宅生活を送るうえで、当然と思える水道供給ですがこうした工法のおかげで快適な生活が送れるといっても過言ではないようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *